洋服ブラシ、豚毛がおすすめの理由とは?

木製豚毛洋服ブラシ

直木賞作家、生島治郎(いくじまじろう)の代表作、ハードボイルド小説「黄土の奔流」は「同じ重さであれば黄金より高価」な“豚の白毛”を中国から手に入れるための冒険活劇。Syuhari (シュハリ)では現代においても同じように貴重な「豚の白毛」を洋服ブラシの素材としてお勧めしております。

洋服のブラシとして豚毛(ぶたげ)がお勧めである理由は「しなやか、かつ強いこし」をもっているため。豚は馬と比較し毛があるイメージが少ないかと思いますが、我々人間の髪の毛をブラッシングするのにも艶が出て良いと言われていますね。

Syuhariの洋服ブラシの特徴

Syuhari(シュハリ)が拘りをもってご紹介している洋服ブラシは100%天然の豚毛を使用しております。更に豚毛のなかでも中国やインドで放牧される太くて長い毛を厳選しているのが特徴。ご紹介している洋服ブラシの毛の長さは50ミリ、その毛質は油性分が豊富で弾力性に富んでおり、とてもソフトで繊細な肌触りのブラシとなります。

ウールやカシミヤの最上級の生地の毛並みを活かし美しく保つには、上質な豚毛の洋服ブラシと丁寧なブラッシングが必要。特にカシミヤやビキューナといった繊細な生地には豚の白毛をお勧めしております。豚の白毛は馬毛と比較してやや硬めではありますが、長くしなやかな毛を選んでいるため繊細な生地もほぼ傷めることなくケアできます。

天然素材と化学繊維の違いとは?

洋服ブラシには当店でもご紹介している天然毛の他に化学繊維のブラシもございます。もちろん化学繊維でも埃や汚れを取ることは可能ですが、天然素材の方が静電気が発生するのを防ぎ、生地を傷めにくいと言われております。

大切なお洋服には豚白毛ブラシがお勧めです

洋服ブラシはお気に入りのスーツやジャケット、コートを長く着るために重要なアイテムです。
一度購入すれば一生涯使えるものですので、フルオーダーのスーツやジャケットをお仕立てされた際にはぜひ一緒に長く使用できる洋服ブラシをご用意してみてはいかがでしょうか。お洋服のお手入れにつきましては、お洋服のお手入れについてをご覧くださいませ。

前の記事

ブラッシングの手順